腰痛完治までの長い道のり

昔ぎっくり腰になった事があるのですが、とても辛かったです。

朝目覚めて体を起こそうとした時になりました。

当時は高校生でしたがその日学校には行けませんでした。

そもそも歩く事すらままなりませんでした。

しかし全く歩けないわけではなかったのでゆっくり歩いて病院に行きました。

通常15分ぐらいで行けるところなのですが1時間以上かかりました。

病院に着き、レントゲンを取ったり色々治療してもらいました。

お医者さん曰くヘルニアではないが、その一歩手前ぐらいの事にはなってると仰ってました。

とりあえず湿布と飲み薬をもらってその日は帰りました。

翌日、かなり早起きして這うように学校に行き、友達に心配されたりおちょくられたりしながら授業を受けて帰りました。

背筋を伸ばした状態じゃないと痛くて座ってられませんでした。

当たり前ですが、ろくに歩けないのでさすがに体育は無理でした。

その後病院で腰を伸ばす機械を使って治療し、徐々によくなってきて日常生活をそこそこ普通に送れるぐらいまで治りましたがずっと張ったような感じが残ってました。

そこそこ大丈夫だったのでずっと放置してましたが、数年後にいいかげんきっちり治しておこうと思いたち、近所の鍼灸院で治療してもらってようやく完治しました。

長い道のりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です