ヘルニアの人も腰痛マットレスを使って腰痛改善ができる時代に!

重たいものを持ったから痛いのではなく、布団から起き上がるのが一大事というレベルに達した腰痛が、日常生活で色々と気分を重たくしていました。昔は「いたたたた」なんて言いながら腰を曲げてヨボヨボして立ち上がる日が来るとは思っていなかったのだけど、背中側の痛みは何か悪い病気の知らせともいうし、意を決して受診してみました。レントゲンを撮り、医師の触診、問診が済、結果は大きく言えば「老化」とのこと。なんとも重たい言葉にますます腰が痛くなった気がしました。医師によれば、軽い運動は老化が原因の腰痛にはとてもよいとのこと。医師の診断の結果を踏まえた上で、私は翌日から軽く運動を取り入れてみました。するとどうでしょう。確かに気分も動きも軽やかになった気がします。腰痛がない生活はとても気分がいいです。身体を表すつき編に「要」と書いて「腰」。腰は身体の要だから、ここをやられると心が重たくなってしまうんですね。毎日軽い運動を取り入れて、身も心も軽やかに過ごしたいものです。
毎年このシーズンは腰痛との戦いがヒートアップします。

椎間板ヘルニアを患って早くも数年が過ぎましたが、毎年冬になると腰痛が悪化して困っています。

冷えからくる血行不良が原因なのか、それとも他のことが原因なのかはわかりませんが、11月頃から暖かくなるまで、痛みがひどくなる割合が多いです。

温泉に行っていつもより長く温まったり、マッサージに行ってみたりと対策はしてみるのですが、やはり暖かい時期に比べるとかなり辛いですね。

冷え対策として、腹巻きなどもしていますが、なかなか思うように効果は出ません。

腰痛がひどいと何をするのも辛くて、極端な時は寝ていても辛い、痛みで目が覚めてしまうような状況なので、なんとかしたいものです。

運転中の痛みが一番辛いですね。急に車を止めるわけにも行かないし、気を紛らわせながら目的地へ向かうのですが、我慢しきれなくなるとコンビニの駐車場に入って軽くストレッチをしたりして何とかごまかしています。

腰痛を緩和するいい方法ってないものでしょうか。今日も寒さと腰痛と戦っています。。。

そんなかたにこそ使っていただきたいのが高反発マットレスで体圧分散することによって腰痛を緩和するモットンなのです。
是非試してみる事をお勧めします。

参考 モットンの専門サイト

腰痛が悩みだという人は少なくない

腰痛が悩みだという人は少なくないと思います。かくいう私もその一人です。

よく重いものを持つので、それが原因だと思われます。少しでも重い荷物を持とうとすると、ピキンと鋭い痛みが腰を襲います。痛みがいくら辛くても、荷物を持たないわけにはいきませんから、我慢しかありません。ほぼ毎日、あの痛みに襲われています。

私が行っている対策は、市販の湿布薬を貼っているだけです。腰痛だけで病院へ診察に行くには、やはり勇気がいります。とりあえず様子を見て、あまりにも酷くなったら病院へ行けばよいのではないかと私は思っています。できれば酷くはなってほしくないものです。

腰痛を和らげるために日常生活で気を付けていることは、とにかく腰に負担をかけないようにすることです。屈んだり腰に負担のかかる動作はなるべく避け、腰を労る日常生活を送るよう心がけています。しかし、それだけで腰痛は改善しません。悪化しないことが不幸中の幸いです。腰痛との共生を模索していくとします。
自宅で仕事をしています。デスクワークが中心ですので、気がつけば一日中座って一日が過ぎていたということがたくさんあります。そういう生活を送っていたら腰痛になってしまったようなんです。運動も特にしていなかったので腰の筋肉が弱くなってしまったんでしょうね。ふとした瞬間にあれれ?腰がきりきりと痛むな、なんていうことになるんです。これではいけないなと思って少しずつ運動を始めることにしたんです。まずは腰に負担を与えないようにとウォーキングから始めています。適当に町並みを見ながら少しだけ早足で歩くだけですが、かなり気分もよくなりますし、筋肉がついてきてるようにも感じます。もうしばらくウォーキングで体を動かすことを覚えたら背筋などもやっていこうと思っていますね。弱ってしまった腰の筋肉をゆっくりとではありますが、強くしていこうと計画中です。母も腰痛を抱えていて、それ見てるとつらそうですからね。そうならないようにいまからせっせとやっていかなくてはならないなと思ってます。必ず腰痛を撃退してみせたいですね。

腰痛に悩まされている人が実践したい事

平日も休日も座り仕事をしているせいか、腰痛になりやすくなりました。

痛くなりそうだな、という予兆のようなものはあるのですが、毎回気のせいだと思ってほっとくとどんどん痛くなっていって最終的にはマッサージ店などのお世話になります。出費が痛いです。

出費ももちろん怖いのですが(1回のマッサージでちょっといいとこでランチできるくらいのお金が吹っ飛びます)、

腰痛の痛さ自体も怖いです。

なんだか、腰の骨が腰回りの筋肉を挟んでいるのでは!?と思うようなギリギリとした痛さなのです。

もし、このままよくならなかったら…リウマチ?ヘルニア!?などどんどんと悪い方向に思考が向いていき、仕事が手につかなくなります。

テレビなどで、「腰痛はこんな病気のサインですよ」というものをよく見かけるのも恐怖です。

「もしかして私も…」と。

毎回こうなので、最近は腰回りのストレッチをするようになりました。

腰痛知らず!というわけにはいきませんが、確実に腰痛になる頻度は少なくなっています。

去年はとても腰痛に悩まされたので、今年はまり悩まされないといいなと思います。
私が住んでいる地域は冬になると雪が降るでの、3~4日に1回は雪かきをしています。今年は例年よりも雪が少ないので雪かきをする回数が少ないのですが、それでもたまに大雪が降ると雪かきに1~2時間くらいかかってしまうので、雪の重みで腰痛になってしまいます。まだ私は20代後半で若いほうなのですが、それでも雪かきを長時間していると腰が痛くなってきます。なので筋肉痛に効果のあるアンメルツという塗り薬を腰に塗って、痛みを軽減させています。私は家の雪かきをまかされているので、1人でいつも雪かきをしているのでそれが面倒で仕方がありません。でも雪かきをしないと家族に悪いかなと思い、腰痛になりながらも頑張って今年も雪かきをしています。一度腰を痛めてしまうと、それが癖になって腰が痛くなりやすくなるというのを友人から聞いたので、なるべく腰に負担がかからないように雪かきをしていこうかなと思っています。これからどれだけ雪が降るのか不安です(-_-;)

仕事がら腰痛を抱えている人は多い!そんな人こそモットンで対策を!

私が子どものころに、父が家で商売をしていましたが、その時に「腰痛がする」といっていました。

でも子どもでしたので、腰痛の意味がわかっていませんでした。

OLになっても、結婚しても肩こりは経験しましたが、腰痛にはなったことがありませんでした。

でも、妊娠してしまってお腹が大きくなるようになってから、初めて腰痛になりました。

体重が増えてしまって、腰に負担がかかっていると病院の医師にいわれました。

でも妊娠して腰痛になる人が多いと知って、あまり心配していませんでした。

子供が生まれてから腰痛は治ってしまっていましたので、安心していました。

でも、40代になってからすっかり体重が増えてしまって、朝起きると腰が痛くて仕方がない日が

続きました。

近所の外科でレントゲンを撮ってもらったのですが、太ってしまってお腹が出ているので、

腰に負担がかかっているのだといわれました。

そんな時に良いと言われたのが高反発マットレスのモットンです。

モットンは腰痛に良いので安心です。

それには、腹筋運動をするのがいいと言われて、毎日寝る前に腹筋運動をやって寝ています。

私は25歳の男です。高校の頃に部活の野球で腰を痛めてしまいました。それ以降、何かしら腰に違和感があるようになりましたが、今では慣れてしまってあまり痛みも感じません。

高校の頃、野球部でピッチャーをやっていたのですが、ある練習試合の日に腰の痛みが爆発しました。試合中はアドレナリンが出て興奮状態にあるので痛みはほぼ感じなかったのですが、試合が終わってから腰に激痛が走り、歩くのすら困難になってしまいました。原因は、恐らく度重なる投球動作の積み重ねで腰に負担がかかっていたのかもしれません。

医者には腰の筋肉の肉離れのような感じになっていると言われました。それから約1ヶ月は休みをとり、その後復帰をしました。

あれから8年程経過していますが、今も同じ姿勢で居続けたり、重い物を持ったりするときなど、意識をしていないと腰に痛みが出ることがあります。今はもう慣れているのであまり苦痛ではありませんが、最初の頃は少し辛かったです。

ただ、今後もこの腰痛と付き合っていかなくてはいけないので、色々対策を考えています。なるべく同じ姿勢でいる時は姿勢を正したり、重い物を持つ時にはお腹に力を入れるよう意識をすると、少し腰痛が和らぎます。

今後もこのように工夫をしながら腰痛と付き合っていきたいと思います。

腰痛がつらくてスポーツもできない人は腰痛マットレスをお試しあれ

私は両親の遺伝もあるのか、17歳の頃からの腰痛です。

忘れもしない、腰痛との初対面。あれは17歳の真冬、夜中に階段を降りていた時でした。

歩けない程の痛み。真冬の深夜という事もあり、寒さ堪える階段でしばらく歩けなくなり、最終的に自室まで匍匐前進で戻りました。

あの日から私の暮らしからは切っても切れない存在、腰痛。

20歳の誕生日には初めての椎間板ヘルニアを患い、当時、力仕事に従事していた私は、週一回の整体での治療という名のメンテナンスが欠かせなくなりました。

腰に負担をかけない姿勢や力の入れ方、更には寝具選びに至るまで、私の生活は今や腰を中心に回っていると言っても過言ではない程になっています。

あの痛みを二度と味わいたくない、ヘルニアで倒れて仕事に穴を空けたくない、ただその一心で日々いつ訪れるか分からない悪魔の足音に怯えているのです。

30歳、人生の折り返しまでもう少し時間はありますが、平和な老後を過ごせるよう、再発予防を欠かせない、そんな私の腰事情でした。私の家は一軒家で、もう建てられてから30年くらいなります。洗面所や浴室やトイレはリフォームされているのですが、台所は昔から備え付けてあるものなので、台所が低くいんです。私は身長が170cmあるので、いつも台所に経って料理を作る時に腰をかがめながらしているので、腰痛になってしまいます。本当はもっと高さのある台所で料理を作りたいのですが、今年の春に引っ越すので今はこの低い台所で我慢しながら料理を作っています。私は朝と昼と夜といつも家で台所に立って料理を作ったり茶碗洗いをしているので、春までこの腰痛は治りそうにないです。腰痛って若い人でもなる人が居るみたいで、特に太っていると腰に負担がかかるみたいです。腰痛を少しでも軽減させる為に、腰に塗り薬を塗ったりダイエットをして頑張ろうかなと思っています。腰痛持ちだと激しい動きをするスポーツも出来ないですし、色々なことが制限されるので辛いなと思っています。
そんな人こそ腰痛マットレスがお勧めなのです。是非試してみてください。